家庭教師の仕事をしたいと思った時に、個人契約よりもよりメリットが大きいと言われているのが会社に登録をすることですが、個人契約にもそれなりのメリットも確かにあります。

それぞれのメリットを知り、どれが自分にとってプラスが大きいのかを意識して決めるのが賢明です。

【会社に登録することのメリット】

メガネを触る家庭教師

具体的にどんなメリットがあるのかと言えば、まず、個人契約なら指導先をみずからが探さなければなりませんが、会社に登録をしておけば連絡を待てばいずれかの指導先が比較的見つかりやすくなります。

また、指導マニュアルが事前に会社で準備されているので、戸惑うこともありませんし、悩みを抱えた時にも、相談が出来るので安心感があります。

また、相談やトラブルについても電話相談で受けることができるので生徒に対して、よりきめ細かい対応ができることになるので、成績の向上を目指しやすくなります。

そして、指導先を交代したり辞めたりしたい時でも個人契約ではなかなか言い出しにくい面もありますが、登録している会社に伝えれば良いので、しこりが残るということもありません。

さらに、家庭教師で必要な教材などについても登録している会社が負担をしてくれるので、手出しはほとんどありません。

【個人契約のメリット】
一方、家庭教師で個人契約の場合には、指導先を探したり、指導マニュアルを準備したり、教材についても自己負担が出てきたりするという面も確かにあるのですが、自由度があるので柔軟に対応できるメリットもあります。

例えば、登録している会社がある場合には、こまごまとしたことも月に1回は報告をしなければなりません。何らかのクレームがついてしまうこともあるので、正確な報告を出すように指示されるのが普通です。

しかし、個人契約であれば、自己責任で行うため、そのような報告は不要になります。また、報酬も家庭から直接支払ってもらえるようになりますし、登録した会社の規約がある場合と違って、交通費も自分の判断次第で、指導先と直接交渉をすることができる面もあります。