大事な場所や公共の場では髪型や身だしなみに気を使う場面が1つや2つ経験があると思います。その髪型ですが家庭教師に当てはまるとどれがOKでどれが駄目か境目が分からない時がありますよね?実際の所は基本的に自由で、それよりもちゃんと生徒であるお子さんからの質問への返答や指導がちゃんと答えれるかのが重要視されています。

けれど全く気にしてはいないと言う訳ではありません。特に以下の髪型は家庭教師の登録派遣会社ではNGが出されている場合がございます。

・茶髪
現在の日本では若者に限らず茶初に染めている人をしょっちゅう見かけファッションの一つとして受け入れられてはいますがそれでも髪を染めると言う事に嫌悪感を持つ人がまだいるのかどうしても不真面目な印象を与えてしまいがちです。

髪こそ茶髪だが根は真面目に取り組んでいると言う家庭教師の人も中にはいるので全員と言う訳ではありませんがやはり黒髪に比べると印象が少し悪いのが現状の様です。

茶髪でこれなのですから他の色に染めたらもっと印象が悪くなりそうなので始めようと思っているなら黒髪でやった方が無難です。

・長髪

家庭教師センターのオペレーター

別に長髪にする分は髪を染めるよりは規制は緩く、似合ってれば生徒さんからも人気は出ますが気をつけるべき点は長さです。

長髪と言っても耳が隠れるぐらいの長さならまだしも肩にまでかかるような長さになると別問題、ましてや男性だと尚更です。

何故なら髪も長すぎると不潔に取られかねない印象です、実際女性のロングストレートは良くても男性のロングストレートになるとちょっと…とどこか固定概念を感じた事はありませんか?理不尽かもしれませんが実際そんな印象を取られる事が殆どなのでどうしてもこの長さじゃないと駄目と思うなら思い切って短髪。

とまでは言いませんが適度な長さに切った方が良いでしょう。

・パーマ
ピシッと整えてるとは無反対で頭がボサボサしている様な感じのパーマも出来る事なら控えた方が良いです。こちらも本人にその気は無くむしろ真面目な人間だとしても髪にも無頓着な「不潔」な印象を与えてると言う事案も少なからず存在します。

中には俗に言う天然パーマと言われる癖毛が生まれつき強い人もいるでしょうがボサボサ頭で行くよりは家庭教師の仕事の時だけでもピシッと整えた方が安全でしょう。

・ピアス
髪型ではありませんがこちらも良くNG対象として上がりやすいです。どうしてもチャラいイメージが付き纏います…中にはOKと言う会社や親御さんもいるでしょうがここは外して置いた方が好印象になりやすいでしょう。

ここまで読んでNG項目に一つでも該当してるから無理かな…とお思いの人がいるでしょうが実際NGかOKかはその登録しようと思っている会社が決めるのでそんなに怯えなくても良いです。

けれどどうしても気になるのであれば事前に相談して大丈夫かどうかを確認しておくと安全でしょう。