家庭教師の求人の探し方~上手い話に裏が…家庭教師の求人事情

アルバイト・パートの求人サイトやハローワーク等の公共の職業安定所で家庭教師の求人をよく見かけると思います。それも年中です、年中出るほどに人気なのかそれとも出さざるを得ないのか…そこで家庭教師のバイトのメリットとしてよく挙げられるキャッチフレーズ達を参考に調べてみました。

アド・サクシード http://www.benkyo.co.jp/

まずは「時給が高い」
家庭教師の一回のレッスン約60~90分として時給は平均で1500~2000円台が相場と確かになかなか魅力的です。ですが額通りに受け取ったらの話であり実際は時給が発生するの以外だとテキストの作成や報告書の作成もしなければならずそれらも含めると各1~2時間と計算しても割に合わないことが多く、またその時給も一回辺りでは良いですが各週一回毎でだと月収で見ると一万円も行かないでしょう…フリーターの人等学生ではなく時間がある人はその分数は来なせて単価の少なさをある程度は補う事は出来ますが学生となると学業にも専念しないといけないのでちょっと釣り合わないです。

次に「自分の好きな時間でマイペースに働ける」
確かに自分の好きな時間で働く事は出来てマイペースに働く事は出来ます…契約者側の生徒さんの時間の都合も合えばの話ですが。実際の所は生徒さん側の時間に合わせないといけないのでこちらの時間の都合は合わせにくく例えば大学側の試験で勉強しないといけないと分かっていても相手側を優先しないといけないので臨機応変に対応しないと自分のペースは守れてない事が多いです。

最後に「生徒さんと仲良くなれる」
人と触れ合うのが好きな人や教えるのが上手な人だとそれらも満たせてお金も貰える、バイトながら天職とも言えるでしょう。ですが互いに人間です、当然性格的に合わないならまだしも片方が人間的に終わっている様な性格(失礼)の人と組み合ってしまう事もあるでしょう。

そうなると仲良くなる以前の問題で事務的に対応して事を起こさなければ良い方で酷い場合は喧嘩や言い争いが起きてしまう事もあり、実際家庭教師とのトラブルでの原因ではよく上がる程です。学力の良さと人間的な良さは別問題の様です…さて簡単にですが3つ程ですが見てみてどう思いましたか?家庭教師の夢をぶち壊しやがって…とお思いですか?確かに壊してしまったでしょう、それは謝ります。

しかし理想とのギャップを苦しむぐらいならばと思い先に現実を紹介させていただきました。それでもやりたいと言うのであれば止めはしませんがこういうこともあるのだと肝に命じておいて下さい。